温かさの根源


作られたモノに温か味を感じるのは
製作者の、相手を思う気持ちだったり
その作ったモノへの愛情だったりするのだ

クッチーナで使われている、木で作られたテーブルや棚、
それらは家具職人の思いが込められ温かさを保ち続ける...

d0163264_17243226.jpg



本来、冷たさを伝えるコトの多いガラス食器も
ココでは温かい

d0163264_17271446.jpg



ココのトコロ、夕刻から一気に冷え込む日が続く

クッチーナでは
寒い外から入ってきてくれた方の為に
ホットカクテルを...

d0163264_17374698.jpg


   食前に…<ホットワイン>

使う赤ワインはミディアムボディ
ボクが作り置きしていた カリン蜂蜜 と、ジンジャーワインを絶妙にブレンドしている
浮かしたオレンジの甘味とほど良い酸味
身体の芯から温まり、乾燥したこの時期の喉にも...

d0163264_17454578.jpg


   食前に…<ホットバタード・ラム>

ホワイトラムではサラッとしすぎるので
ダークラム、ハバナクラブの7年熟成モノを使うのは
熟成したからこそ出る 香ばしさと、優しい甘味が持つトロミがあるから
コレにペルーシュの茶色角砂糖でさらに 香ばしさとコクを被せる

バターを浮かせると、ベタつきそうにも思うのだが
ソレがまったく感じられずに、より深みとまろやかさが出てくる

コクを何重にも被せると、くどい飲みモノになりそうだが
当店のバーテンダーは ホボ天才
とても美味しく、温まるカクテルに仕上げてしまう
先週からメニューに載っているが、とても人気が高い


d0163264_17574113.jpg


   食後のデザートと…<アイリッシュコーヒー>

他のウヰスキーと比べ、まろやか・滑らかでクセが少ないブラックブッシュ
珈琲とケンカをせず、バランスを上手く保っている
生クリームをホイップしたのは温かさ・まろやかさを加え
全体的にマイルドな飲みモノにするためである
これも砂糖はペルーシュの茶色角砂糖



カクテルとは
同じモノ、同じ分量で作ったとしても
作り手によって かなり表現を変える

クッチーナのバーテンダーは酒を嗜まない
嗜まないが、好きである
だからこそ作れるカクテルがあり
お客さんに合わせ、料理に合わせ チョイスするワインが大当たりするのであろう

飲む人と、カクテルそのモノに愛情を惜しみなく注ぎ入れる
彼女の作る、オリジナルホットカクテル

飲まないとソンをする。
ココで美味しさを表現しなかったのは
その時の楽しみを奪ってはならないから...
[PR]
by kuccina | 2010-11-07 18:32 | Cocktail