殻付き牡蠣のゴルゴンゾーラグラタン


d0163264_13371767.jpg



ベシャメルソースを仕込む

色々味付けし、隠し味もすでに入っているので
コレだけでかなり美味しく仕上がった

最近、和食のコトが頭をよぎる回数が増えてきた...

やはり根っこは和食畑であるのだなぁと
素材を見て、料理を連想したり 新しい発想が生まれてくるのだが
8割以上は 和 である
頭を思いっきり切り替えておかないと なかなか洋食では浮かんでこないのだ

コレはただ単に 経験不足 であるに違いない

いやはや、まだまだだなぁ~

d0163264_1337335.jpg


牡蠣がそろそろシーズンの終わりを迎える

最後に打ち出す牡蠣料理は

 <殻付き牡蠣のゴルゴンゾーラグラタン>

牡蠣のパンチェッタ・オリーブオイル焼きは大人気で
好きな方は1ダース以上食べるほどで
牡蠣そのものを楽しむには最適の料理法であったが
この料理はチト違う

ゴルゴンゾーラと云う青カビのチーズ
ソレのドルチェットと云う品種を使ったのは
その名の通り甘味があり、咥内へのあの特有の広がり方が少し抑えられて
その分、ベシャメルソースに絡んだ牡蠣の美味さが躍り出る

牡蠣の身入りもふっくらぷっくりして
牡蠣のミルキーさが一番出てくる時期
年間でもっとも美味しい旬であるからして
この料理法がとても良く合うと思った


最後の牡蠣料理...
アツアツをいかがでしょう?
[PR]
by kuccina | 2011-02-24 17:10 | 前菜