<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


d0163264_1126562.jpg



雨上がりの...

そう名付けられたテリーヌを作る時のイメージは
「水ヨーヨー」であったのだが...

紫は 紫芋
オレンジは セミドライトマト
黄色は パプリカ
緑は ジェノバソース
ベージュは 鶏

それに蟹やら海老やら帆立やらetc...





夏のお祭り
仙台はやはり七夕であろう
8月の6-8日で、
5日の前夜祭は花火で賑わう

この4日間、クッチーナではビルの路面で出店をやるコトとなった

売りモノはちょっと変わっている

ま、
来てのお楽しみだ

仙台七夕と云えば、期間中に雨が降るってのがジンクスになっている
はて、
今年はどの日に降るのか...

雨が降って、
雨が止んだら

雨上がりのテリーヌでもほじくりながら
他のリースリングよりも、甘味と酸味のバランスが良い
爽やかなワシントンワインのリースリング

それとも
レモンを落としたウオッカトニックなんぞいかがなものでしょうか
[PR]
by kuccina | 2010-07-29 11:32 | 前菜


 アウトドアからインドアへ

一般の流れとは 逆であった。



渓流の見晴らしの良い河原とか
ある晴れた日の 透明度が高い海の波打ち際とか

そんなトコロで遊びながら美味いピッツァを喰らおう

そう云って始まった<ドラP>だったが
遂にクッチーナでリリースするコトとなっちまったい!

300℃までしか上がらない コンベクションオーブンの火力では...
そんな懸念を振り払い
結構上手に、塩梅良く焼き上がったピッツァは
水曜日だけの限定商品。

d0163264_23355262.jpg


マルゲリータ


d0163264_23361446.jpg


バジル・バジル・バジル!


 限定

とか云う言葉は、自分がソレにメチャメチャ弱いだけに、あまり好きではないのだが
その日だけの、
しかも枚数もナニなので
仕方なく使うコトにする

こういった食べ物は
見たまんまの味である事が多い

これもそう。
[PR]
by kuccina | 2010-07-25 23:44 | Pizza
昨今、
果実も野菜も、甘いモノが増えている

料理に関して

 なんでも甘ければイイのか?

と云う訳ではないのだ

 甘い甘い、甘くて美味しい

ヒトとは、甘味を旨味と感じるからにして
それは致し方が無い事なのだが
果実、野菜等は全てのバランスがとれていてこそ美味しいのであると思う

料理とて然り
今回、仕入れたのは<ピュアホワイト>という
甘味の強いトウモロコシ
甘味が強すぎて、本来の旨さが薄れつつある
それを調理するのはその甘味を活かすバランスを探す為


d0163264_11102896.jpg



茹でたトウモロコシを削ぎ落とし、裏漉し。
滑らかなピュレにしたのを味見すると
とても甘い
甘味とのバランスに塩を利かせるが
それでも甘い...

冷製スープにし、冷たさで少し抑え
シシリアンルージュと云うミニトマトを
ちょっと塩を利かせた セミドライトマトにし
真っ白なスープに浮かべる

この写真では生のトマトも浮かんでいるが
実際お出しする時はドライトマトだけにした

夏らしい清涼感はバジルペーストに少しだけ浮かんだ
バジルの色が移ったオリーブオイル


ここで使ったシシリアンルージュは
甘味ではなく、旨味が強い

それも火を入れると格段に増す
とても美味しいトマトなのさ...

オーブンでじっくり旨味を引き出し、凝縮させられたルージュは
とても良い働きをしてくれた

 ピュアルージュ

初々しい夏を



ヱヱ、
ボクには似合わんともさ
わかってますとも
暑苦しいからあまり口に出さないようにします
そうします

売り切れゴメンだもんね~

こんだ、黄色が鮮やかな
昔の玉蜀黍で作ろう
そうしよう

ガキンチョの、
あの頃に味わった
あの味で作ろう...

それがボクの夏の味だ
[PR]



d0163264_148997.jpg


海底に沈む岩のように

じっと動かぬが
わずかに呼吸する其れは
着々と其の容を増やし蓄える

いったい
どれほどの夏を経験したのだらう

ぜんたい
どこまで頑なに固執するのだらう


鎧のような硬い ソレを割り
相反する、豊潤で滑らかである柔らかさを抜き出すのは
ソレを口にした時、
あまりにもその美味しさを表現するに困るからだ

味わってもらうしかないのである...


天然 岩牡蛎の生食と
パンチェッタ・オリーブオイル焼き


もう少しで
鎧の夏は終わりを告げる
[PR]


d0163264_163599.jpg


上の階にある、美味しいチョコ屋さん<ショコラ・フランダース>

ショコラティエのトムと奥さんが
開店の時に来てくれて
 お祝いに!
と、持って来てくれた

ビックリするほどの大きさのチョコプレート


コレ、
めっちゃ美味しくて、めっちゃでかいのです

そんで、重い!



トムは 大のピッツァ好きらしい...

 「シェフ、コンド ピッツァ ト チョコ、コウカンシマショネ」

ピッツァはドラム缶でしか焼かないと決めていたのだが
お客様からの要望が多いので
週一日だけピッツァDayを取り入れようと思う


今のトコロ、候補は水曜日
300℃までしか温度が上がらないコンベクションオーブンで
ドコまで美味しいのが焼けるだろうか?
早速明日生地を仕込んでみよう

具材は美味しいのが揃っているのだから...

 チーズ工房丸森のモッツァレラとゴーダチーズ
 ボクが仕込んだトマトソース
 自家製のバジルペースト
 丸森で栽培されたシシリアンルージュ

そう、
生地にジェノバペーストを練り込んだ
あの生地を使って焼く事にしよう
そうしよう


d0163264_16274539.jpg

[PR]
by kuccina | 2010-07-19 16:28 | Sweets



じねんぼう閉店から
Kuccina 開店まで

バタバタ動き回り、働き詰めで

休みどころか、休憩も取れぬ時間が続いた...

開店から2週間、
ようやく落ち着いてきた新店舗クッチーナである

まだまだ改良せねばならぬトコロ、多数あれど
これから詰め込んでゆくモノやコトガラ、ヒト...

それと料理&ドリンク

独自の物を作るってコト。
その行為が楽しい


店の料理はある程度形になった

これからつくり出して 放つのは

オリジナリティ色が濃いモノになってくるであろう



 職人たる者

其れに恥じぬ仕事をしてゆこうと思っている

 これからの自分と仲間の先が楽しみ

そう思えるコトが幸せなのは、
 
 歩いてきたから だと...






今更ながらに思う

歩みの大切さ。



さ、
今日も上を向いて歩こう





d0163264_15564731.jpg

[PR]
by kuccina | 2010-07-15 15:59 | 店造り


d0163264_15184292.jpg


d0163264_1519298.jpg


2週間前の6/30

開店祝いの花を
たくさん たくさん頂いた

とても とても嬉しい

階上のビルエントランスから、階下 Kuccina のエントランスは
豪勢な花でいっぱいになり

まるで
 どっかの組の若頭の襲名披露かっ!
と云うくらいの花の数

この花に負けぬ様、良い店造りをしてゆきます


本当にありがとうございました

心から礼を申し上げます

ありがとう
[PR]
by kuccina | 2010-07-15 15:26 | 店造り

d0163264_1173179.jpg


トマト丸ごと1個使ったカクテル

女性より、乾いた男がハマるカクテル

乾いた男より、ドライな女がハマるカクテル
[PR]
by kuccina | 2010-07-04 01:21 | Cocktail