<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0163264_1734423.jpg


三陸復興促進メニューを作った
三陸産ジャコ(シラス)を使い、オイルソースのパスタにしたが
それは、お客さんからの要望でネーミングが最初に決まっていたと云う
おかしな設定のメニュー作りであったのだ

三陸リアス式海岸で捕れたジャコを使用する。

d0163264_174916.jpg


JACO PASTORIUSU  
ジャコパストリウスと云うベーシストがいるそうだ
それに掛けたネーミング。

ジャコはウエットなものと、それを低温のオーブンで乾燥させたものを使う
おろしたチーズに乾燥させたジャコを混ぜ込み、フライパンで煎餅のように焼く
パスタに混ぜ合わせるのはウエットタイプ

なんちゃないオイルソースのパスタだが
とても美味しく出来上がった
ジャコ2つの食感を楽しんで下さい
[PR]
by kuccina | 2011-09-30 17:20 | Pasta
d0163264_20431577.jpg


この日、クッチーナで行われたワシントンワイン会
18アイテムを楽しむ形の形式にした

d0163264_20433998.jpg


オルカインターナショナル社長のジェフと井越さん

d0163264_2044519.jpg


総勢40名ほどの大盛況であったワイン会

d0163264_20442358.jpg


この日用意した料理

d0163264_20443662.jpg


茄子のボロネーゼソース・オーブン焼き

d0163264_20444744.jpg


フィレドカナール鴨胸肉のスモーク

d0163264_2045928.jpg


ブルスケッタ3種・鶏白レバー・ジェノバペースト・生ハムとゴルゴンゾーラ

d0163264_20452098.jpg


鶏胸肉の白ワイン蒸し・バジルソース

d0163264_20453151.jpg


雌鶏のテリーヌ

d0163264_20454685.jpg


スモークサーモンとじゃが芋、茄子のキッシュ

d0163264_20455859.jpg


タルトスティック・生ハム・サワークリーム・ブラックオリーブ

d0163264_20461474.jpg


ワシントンワインの造り手達


ワシントンワインのナニが良いかと問われると、
 バランスの良さ
 料理との相性
料理の邪魔をせず、心地良く盃を進められる
そんな瓶が数多くある

良かったら飲みに来て下さいませ
きっとお好みのワインがあると思います

次回のワイン会も考えておりますので、お楽しみにして下さい
[PR]
by kuccina | 2011-09-30 10:10 | Wine
【お知らせ】
勝手ながら、本日のディナー営業は臨時休業といたします。 
明日からまた元気に営業いたしますので、よろしくお願い致します!

しかし、この雨、酷い被害をもたらしております
みなさん気をつけて下さいね

ヱヱ、さすがのボクも自転車で雨に打たれながら丘の上に起ち
強風に煽られながら雄叫びを上げる
ってことはやめときます^^

もちろん、濁流を泳いで渡りつつ、大ヤマメを手掴み
ってコトもやりません

ボクはイイ子にして寝ますです

ではでわ...
[PR]

早朝のまだ幾分涼しい時間帯にお墓参りにゆく。
昼前に、叔母の一周忌。
本堂は工事中なので仮設プレハブでお経を聞く 

d0163264_15281923.jpg


d0163264_15275564.jpg


歳をとってしまった叔母の手を引き、道路向うの墓に参る。
... 昔はボクが手を引かれて歩いた道。

少し皺が増えた手を握り、逝ってしまった叔母達を懐かしむ時間が持てたのは
この頃疲れているボクの脳を柔らかくするに分泌される
そんな何かが廻ったからであろう。



最近、思った事を書けずにいる
仕事でやるべきコトに忙殺されているってのもあるが
きっとそれは言い訳なんだろう...

本業が一番大切。それに支障をきたすならヤメてしまえとも...
矛盾しているのは遊ばなければボクにとっての良い仕事ができなるコト
遊び優先ならばこの場所も必要なのかしらん


ボクは偏ってしまった
作り笑顔になっちまった
この際、本来の姿に戻る努力をしよう

いや、
努力なんぞが効く場所でもあるまいが...
バカになれる友人と過ごして
ナニかを取り戻そう。
[PR]
by kuccina | 2011-09-18 15:42
d0163264_20222851.jpg


カナダの国立公園内の渓流横に続く杣道は
この国の国旗の緑と針葉樹でできていた
なんとなくだけど、同じ杣道でも異国情緒が感じられるのは
釣り人ならではの感覚なのだろうか...

d0163264_2025861.jpg


此処ではそんなに高い山でもないが、7月でこの雪を被っている
と、云うコトは...
雪代全開。

d0163264_20252986.jpg


支流のそのまた沢でやっとミノーが引ける流れ
しかし、堰堤も滝もない河川なので水の押しがとても強い
膝まで入ると、ボクの体重でも押し流されてしまう

d0163264_20254969.jpg


蛇行するポイントの、そのヨレを見つけてはミノーの逆引きとミッジをルースニング
ミノーはフロントフックを外され、テールをバーブレスのワンフック
フライは餌釣りと変わらずのスタイルであった。
まぁ、この時期この水量ではいたしかたない
釣れてくるのはヨレに逃げ込んだレインボーとイワナのおこちゃま
それでも其処に立つのが憧れであったので、とてもステキな満足感に浸れた

d0163264_20262776.jpg


d0163264_20273880.jpg


彼の地でフィッシングガイドをしてくれた Clint のフライボックス



ボクは想う...
またこの国の溪に足を踏み入れるコトがあるかないかはわからぬが
ベストシーズンだろうがなかろうが、大切なのはその水である。
異国の水なのである。
その水を感じるコトがボクの釣りなのであろうと、そう思ったカナダでの釣りであった

ミノーや毛鈎を打ち込み
掌で粘度を確かめ、指先で硬度を感じ
全身を浸し水に包まれるコトが大切なのかもしれぬ
[PR]
by kuccina | 2011-09-05 10:21 | etc...