<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年で 齢52。
三十数年、食の世界に生きてきた
二十数年、飲食を営んできた
くたばるまで続くのに違いはないのだろう。

 自転車は走り続けてなきゃ倒れちまう
 鮪は泳ぎ続けていなけりゃ死んじまう
そんな感覚で料理ってモノを作ってきたが、
それはきっと自分の為だけに巣食っていた行為だったに過ぎない
と、気付く。
反面、自問自答の別解答も燻ぶっている。

なんとも煮え切らない男だ...
そんな自分に嫌気が差す

自ら好んで早瀬を溯って習得した技術と精神なんて、まるで大したモンじゃないが
己では使いこなせないでいるのだろう

やりたい事と
やらねばならない事の違いが今になってようやくはっきりと現像された

随分とシャッターを切るまで時間がかかったものだ...


d0163264_14162938.jpg

[PR]
d0163264_164812.jpg


昔から馴染みの友人の様な
そんなご夫婦であった^^

もっといろんな渓流に連れ回したかったのだが...
今回はロケットストーブを見てもらっただけでボクは満足。

さてさて。次はどなたが訪れるのかな?^^
[PR]
d0163264_1643314.jpg
d0163264_16425226.jpg
d0163264_1642241.jpg
d0163264_1642446.jpg
d0163264_16414226.jpg
d0163264_16412418.jpg
d0163264_1640432.jpg
d0163264_16401651.jpg
d0163264_1640481.jpg
d0163264_16394786.jpg
d0163264_1639353.jpg


久しぶりに大イワナを釣った日

大場所の深淵、緩い流れ
深いから・・・と云ってDコンやら蝦夷やら使ってはみたものの
反応0
それに濁りがあったのでプラグそのものが見えない
それは面白さを半減させている とはボクの感覚
限られた時間の中でめいいっぱい楽しむならサイトフィッシングだ

RTミノーストリームアーマー70mm
を通すと一発でチェイス
フッキングに至らず
2投目は同じくRTミノー70mmの鮎カラー
軽いツイッチ・ショートジャーク
真下から突き上げてきたチェイスで大イワナは乗った

一部始終を見てるととても楽しくて刺激的

口元が金色の大口でみつくちになっていた大イワナは
その暴れようをバンブーロッド、ターゲットを通してボクの全身に伝えてくれた

手ばかりで45cm
綺麗だったよ。ありがとう
[PR]

やけに喪服の胸ポケットが重かった...

独りになれる深夜に書いた1枚の手紙は
無音の中書き綴られた母への弔文。

思い返せば、お袋への手紙ってのは小学校の母の日以来書いていない

家族を温かく見守ってきた人生にいくつものありがとうが並んだ文面。
言葉で云わなくとも伝わっていただろうか...
やすらかに眠れる様、これからも生きてゆきます。
[PR]

ボクには尊敬する友人がたくさんいる

ミノービルダー、映像のプロ、野球の監督、和食の蕎麦打ち職人、雑誌作成、新聞デスク、バーテンダー、料理人、復興事業人、ガラス職人etc...
親しくさせてもらっている彼らはプロと云う言葉だけでは表現しきれない仕事をしている

世間の評価など捨て置き、常に己の中の高みを目指し、
理想に近付けるよう ストイックに尽くし力を惜しまない

 しばらく目を離していると更なる進化を遂げている
 
自分もそうなりたいと日夜修業に励んではいるが、おいそれとは近付けぬ領域。

d0163264_15515360.jpg


Rey Tune (レイチューン)
四国の友人 上原徹也氏が丹精込めて作り上げるフルハンドメイドミノーを
東北の復興のため、B品(製作者しかわからぬ程度の塗り斑等)を「outlet for 東北」として
クッチーナに安価で置いてくれることになった

一本一本丁寧に仕上げることから、なかなか手に入りづらいRTミノーは常に進化している秀逸な作品で
ボクはもうこれ無しには釣りが成立しなくなっているほど

一度泳がせてみてください
きっと虜になってしまいますよ

・・・・・抜粋・・・・・
製品に一定割合で出来てしまうわずかな塗装の荒れ等のB級品を、簡易包装で少し安価で置いてもらい、
通販はしない、来店してコーヒーの一杯でも注文してくれたお客さんにだけ販売する、と言うことであれば、少しは客寄せになるだろうと考えた。
東北で僕のルアーを楽しみにしてくれている人にも手にとってもらえると考えた。
・・・・・・・・・・・・・・

とてもありがたい友人の心意気に感謝です
 ありがとう。


【価格】
VOGUE(ヴォーグ) 50mm-70mm 通常価格¥5000~¥5200→¥3800にて
PHASE(フェイズ) 45mm-50mm 通常価格¥4000→¥3200にて販売しております

カラーもタイプも様々ありますが、早いもの順での売り切れ御免とさせていただきます
上原さんは続けていきたいとおっしゃっていましたので不定期で入荷予定です。
参照 http://www.muse.dti.ne.jp/raytune/
   http://www.muse.dti.ne.jp/raytune/pages_folder/models.html
   http://www.muse.dti.ne.jp/raytune/pages_folder/t-talks_folder/t-talks.html
[PR]
d0163264_16465229.jpg

d0163264_16473568.jpg

d0163264_16481213.jpg


でーすけが気を使ってくれたのでかなりリフレッシュできた
楽しい釣りってのはいいね。

気の合った仲間じゃないとこうは行かない

たった2時間だけなんだけどね

雨の予報だったので防水コンデジだったが
予報はいちんちずれたみたい

メーターオーバーの巨鯉が目の前で大きな口を開いた
カツオヤマメの期待ははずれたみたい

しかし大きな口をした鯉だったなぁ
Big Mouth Love^^

ラインを巻きなおそう
[PR]
d0163264_1431144.jpg


縞鯵(シマアジ)は鯵の仲間だけあって、セイゴと云われる変形鱗が尾鰭から体側線に沿って繋がってい、
全体を薄い鱗が覆っている
身に圧力を掛けないように庖丁で鱗を削ぐ。
ミクロンの世界だが、皮と鱗の間に庖丁を滑らせるコトによりダメージは0に近い

d0163264_14353648.jpg


切れ味の良い柳庖丁で細胞を壊さぬよう削ぎ切り
肝で作ったソースを掛け回すとカルパッチョの出来上がりだ

活〆で一晩寝かせたので旨味はMAXに。
魚を美味しく料理するに、いろいろ気と技を使うのがボクの仕事だ

d0163264_1452458.jpg


最近流行っているみたい
トマトのカルボナーラ

d0163264_1453333.jpg


新作のテリーヌは
鰯と自家製のドライトマト、新じゃがいもを使った

d0163264_1591175.jpg

d0163264_15124750.jpg


これまた新作のキッシュは
アンチョビとブラックオリーブのキッシュ
パプリカパウダーを使ってちょっと辛めに仕上げたのは
これから暑くなってきてビールが喉を通りたがるから
塩辛さと辛味で味が濃く感じるのだけれど、ブラックオリーブのまったりとした味わいで中和されるのである

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【おしらせ】
誠に勝手ながら、ランチを続けることができなくなりましたので、
Pizzaランチは終りにいたします
変わらずコースランチ(前日までの 要予約)は予約を承っております

ディナーの仕込みに力を注ぐためでございます。ご理解いただくようお願いいたします

私事ですが、入退院を繰り返していた母が危篤状態と云うこと。祖母が足腰立たなくなったこと。
そんなことも理由の一つです
ボクも今年52歳...
そんなこんなな歳になっちまいました
[PR]
by kuccina | 2012-06-01 15:28 | 前菜